カテゴリー「日本デフオリエンテーリング協会」の2件の記事

2011/09/30

【第2回WDOC大会(7/25~30)】 日本デフオリエンテーリング協会からの報告

大 会 名:2nd World Deaf Orienteering Championships
      (第2回WDOC大会)
期    間:2011年7月25日~30日
開催場所:ウクライナ チェルカースィ市
参 加 国:14カ国(オーストリア、台湾、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、ハンガリー、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ロシア、ウクライナ、アメリカ
参加選手:76人

日本からは男子3名が参加。田村 聡選手、丘村彰敏選手、野中好夫選手兼コーチ。

◆結果
スプリント競技(7月26日)
【成績】33人完走中
  27位 野中
  31位 田村
  33位 丘村

ミドル競技(7月27日)
【成績】29人完走中
  27位 田村(制限時間を約20分オーバー)
  DISQ 野中・丘村

ロング競技(7月29日)
【成績】30人完走中
  25位 田村
  30位 丘村

リレー競技(7月30日)
【成績】
  日本チーム DISQ
  (2走のみ完走(区間11位)して競技放棄)

◆大会を振り返って
 目標であったアジアナンバーワンになることをミドル、リレーで達成したと思う。一般のWOCへ出場しているKUZMINSKIS Tomas(Lithuania)の走りを見れて、感動した。ウクライナ、ロシア、リトアニアは強いチームで、色々参考になりました。
これからの練習方針を見つけて、向上心で頑張りたい。
日本選手が増えるといいなと思った。(田村)

 今回、日本代表として、世界ろうあ者オリエンテーリング選手権大会に初出場したが、結果的には完敗であった。やはり本場欧州勢は強く、世界とのレベルの差を強く感じました。欧州勢は殆どの選手が普段から毎日、各国のナショナルチームとして練習しており、日本選手とは練習環境も練習量も全く違っていた。
私個人の成績は完走2回に終わった。タイム的にも満足できるものではない。しかし、世界のレベルをこの目で確かめられたのは収穫だった。
これで終わりとあきらめず、初心に戻り、オリエンテーリングのナビゲーション技術を更に磨いて、2年後、或いは4年後に再びチャレンジしたいと思っています。(丘村)

<日本デフオリエンテーリング協会の報告(野中選手兼コーチ・田村選手・丘村選手)から一部掲載しました>

◆詳細は下記サイトをご覧ください。

第二回WDOC公式サイト
(O-MAP、結果、写真などあり)
http://www.deafsport.org.ua/orient/

「2011 World Deaf Orienteering Championships」(ICSD公式サイト)
http://www.deaflympics.com/sports/index.asp?CID=38

★★★★★★★★★★★★★★★★★
地図を見るのが好きな方、
オリエンテーリングをやってみたい方は
是非、日本デフオリエンテーリング協会まで
ご一報ください。
とくに若い方、女性は大歓迎!
ろう公認指導員もおります。
国内各地への派遣もいたします。
日本デフオリエンテーリング協会
代表:野中好夫
連絡先:FAX 042-528-0155
Email nona@my.ad
★★★★★★★★★★★★★★★★★

| | コメント (0)

2011/07/28

【7/25~30】第2回世界ろう者オリエンテーリング選手権大会・日本から3人出場!

2011年7月25日~30日、ウクライナ・チェルカッシーにて

第2回世界ろう者オリエンテーリング選手権大会を開催、

日本からは3人出場しますrunrunrun

みなさま、たくさんのご声援をお願いしますsign03

※詳細は下記のサイトでご覧になれます。

■World Deaf Orienteering(英語)
http://www.deaforienteering.org/

■News - 2nd World Deaf Orienteering Championships(英語)
http://www.deafsport.org.ua/orient/

■ICSD イベントカレンダーより(英語)
http://www.deaflympics.com/games/calendar.asp?EventID=33

■Orienteering News in Japan(日本語)
http://www.o-news.net/

| | コメント (0)